2008年03月20日

NINJA GAIDEN: Dragon Sword

1024MBITngds.jpg
タイトル:ニンジャガイデン ドラゴンソード
メーカー:テクモ
発 売 日:2008.3.20
ジャンル:アクション
プレイ人数:1人
容  量:1024Mbit

個人的にDSソフトでゼルダ以来の傑作感が漂うゲーム。

忍者龍剣伝はファミコンでよく遊んだもんだ。
難しくてなかなかクリアはできなかったけど、テクモのシネマディスプレイはテンションあがったもんです。
海外版に合わせてニンジャガイデンとタイトルは変わったけどね。

ニンジャガイデンとしてはXBOXとかPS3で発売されてるのでDSでは見劣りするところも多々あるだろうけど、DSでもじゅうぶんニンジャできます。つうか爽快だわ!

DSを縦持ちでやるアクションって時点で新鮮。
画面が縦長になることで奥行きの表現がしやすくなるな。
操作はタッチペン。ボタンはガードのときだけかな。
タッチはもちろん、上下左右のスライドなどの組み合わせで多彩なアクションが可能。
例えば

・走る:移動先をタッチ
・斬る:敵をスライド
・連続斬り:スライド×3
・回転斬り:横スライド
・手裏剣を投げる:投げたいところをタッチ
・ガード:なにかボタンを押す
・裏風:ガード中に移動先をタッチで回避行動
・ジャンプ:上スライド
・二段ジャンプ:ジャンプ中に上スライド
・飛鳥返し:ジャンプ中にさらに上スライドで壁を蹴って登れる
・空蝉斬り:ジャンプ中に下スライド
・飛燕:ジャンプ中に横スライド
・いづな落とし:敵近くで上下下スライド
・絶技:素早く擦ってから離す
・忍術:忍術マークをタッチすると表示される梵字をなぞる

ジャンプ中にタッチすることで空中で手裏剣を投げることも出来る。
手裏剣を投げてる間は落下がスローになるので、周囲の敵をタッチしまくることで滞空したまま手裏剣を投げまくることも可能。


いろんな操作をつなげれば華麗な殺陣を繰り広げることも簡単。
発売前のスクショを見た段階ではタッチペン操作に半信半疑だったけど、ここまで気持ち良いとはな!
この操作感覚はDSゼルダと似たものがあるよ!

あと、チャプター開始時のBGMが忍者龍剣伝と同じでゾクゾクした!


忍者アクションってだけでも惹かれるが、
DSのアクションでDSらしいシステムで、爽快で、グラフィックもがんばっていて、縦持ちの目新しさもあって、これはもう買いとしか。


モンハンをDSで出すならこんなシステムもいいかもしれない。


posted by ぐつ at 23:15| Comment(19) | TrackBack(0) | DS(な行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。